PoINT Archiver

Version 4.0

Copyright PoINT Software & Systems GmbH 1994-2010. All rights reserved.

サポートされているデバイス

Contents

·         Autoloader Devices

o                      Driver Installation

o                      Notes for Primera Autoloaders

o                      Notes for Rimage Autoloaders

·         Tape Devices

·         License Information / Disclaimer

サポートされているデバイス

PoINT Archiverのこのバージョンはアーカイブのターゲットデバイスとして以下をサポートしています。以下のリストに無い場合には、以下のWebページを参照するか、 www.point.de PoINT Software & Systems にコンタクトして下さい。(support@point.de).

  

オートローダーデバイス

- Primera Publisher II (tested with firmware: 1.25, 1.40)
- Primera Publisher Pro (tested with firmware: 1.16)
- Primera Publisher SE (tested with firmware: 1.23)
- Primera Publisher XR (tested with firmware: 2.07)
- Primera Publisher XR Blu (tested with firmware: 2.40)
- Primera Publisher XRP (tested with firmware: 4.05)

- LSK Delta 3
- LSK Delta 5
- LSK Delta 7
- LSK Gamma 2
- LSK Gamma 4

- Rimage 2000i (tested with printer 'Rimage 480i')
- Rimage Amigo II
- Rimage Autostar II
- Rimage 5100N (tested with printer 'Everest-III')
- Rimage DL 5200
- Rimage DLN 5200
- Rimage Producer 7100 (tested with printer 'Everest-II')
- Rimage Producer 8100
- Rimage Protégé II (tested with printer 'Prism')

- TEAC WP-55T "Explorer 1" (tested with firmware 1.65)
- TEAC WP-55B "Polar Star" with optional stacker WP-OP100 (tested with firmware 1.55)
- TEAC DiscSprinter ("WP-3150") (2 recorder, tested with firmware 0.83/MECOUNT, 0.84/UIF)

TEAC systems are supported for CD/DVD/BD technology.

  

ドライバーのインストール

オートローダーをPoINT Archiverで使用できるようにするために、デバイスドライバーをインストールする必要があります。その際に必要なソフトウェア(通常は、プリンタードライバーのみ)だけをインストールするようにして下さい。デバイスのサポートソフトウェアをインストールすると、PoINTArchiverと共存できない場合があります。必要なドライバーだけをインストールするには、デバイスを接続し、Windowsのデバイスウイザードが起動された時点でドライバーのディスクを入れて、ウイザードの自動インストールに任せることを推奨します。

 

Notes for Primera Autoloaders

複数の同じオートローダーを接続する場合には、Primeraのサポート情報を参照して下さい。

Notes for TEAC Autoloaders

以下のプリンターモードがサポートされています。

  • - P-55B (FW 51.38 / FPGA 51.02 / Printer Driver 61.0.1152.1)
  • - P-55B (FW 52.00 / FPGA 51.03 / Driver 62.0.1.10)
  • - P-55C (FW 60.25 / FPGA 60.01 / Printer Driver 63.0.1.20 beta1)

メンテナンスモードを正しく動作させるためには、以下の条件が必要です。

  • - "Teac P-55 Disc Label Printer"以外のプリンターが存在しないこと。
  • - 内蔵レコーダーのドライブレターは、D:, E: と Fに割り当てられていること。(ドライブ数で変わります。HD等はそれ以降のドライブレターを使用すること。メンテナンスモードからぬけるには、リアパネルの電源スイッチを切って下さい。

PoINT Archiverが稼働している間は、フロントのパワーボタンが押されるかどうかを検知します。押された場合には、システムのシャットダウンが要求され、オートローダーの動作が完了した時点で該当するメッセージがフロントパネルに表示されます。その後に、PoINT Archiver が終了し、システムがシャットダウンされます。

Please note:
OS の再起動機能は動作しません。(i.e. shutdown + restart) ハードウェアは無条件で5分後にパワーオフします。

 

Notes for Rimage Autoloaders

PoINT Archiver はオートローダーを制御するために、Rimageのソフトウェアのサービスに依存しています。このバージョンでは、Rimage8.0をサポートしています。PoINT Archiverをアップグレードした場合は、従来の7.0:7.1を使用できます。

以下のRimageのソフトウェアのバージョンでテストされています。

  • OfficeNET Software Suite 8.0: 8.0.71.0
  • OfficeNET Software Suite 8.1: 8.1.10.0

Rimageのサーバーソフトウェアはオートローダーが接続されているサーバーにインストールする必要があります。PoINT Archiverは必ずそのサーバーにインストールしなければならないということはありませんが、Windowsのネットワークで接続されているサーバーでなければなりません。

Rimageのオートローダーを使用する場合は以下の手順に従って下さい。

この内容は、マニュアルの内容とは一部異なっています。

                  Rimageオートローダーの設定

デバイス設定の画面を表示し、サーバー追加を実行します。サーバーとポートを指定して、再接続を行います。これで表示されたリストから、オートローダーを選択して、追加をクリックして下さい。画面をクローズし、マニュアルの通りにデバイスの設定を行って下さい。

          

        メディア種類の変更

        変更する際には、まず最初にRimageのソフトウェアでメディアの種類(CDDVD)を選択する必要があります。それから、PoINT Archiverでオートローダーを一旦、非アクティブにし、再度アクティブにします。これで、デバイスのbin設定画面で、メディア種類の選択ができます。ここでのメディア種類はRimageのソフトウェアでの設定と同一でなければなりません。

'Bin Empty'条件の扱い

binが空になった場合に、Rimageのサーバーが警告メッセージの「リモートサーバからの警告がペンディングです。」が表示されることがあります。新しいメディアをbinに追加した後にこのメッセージに応答して下さい。

CD/DVD/BD and UDO Single Drives

UDO Drives

- PLASMON UDO30E, UDO30I (FW A027, A028 have been tested)
- PLASMON UDO60E, UDO60I (FW T480 have been tested)

BD Drives

- LG BE06
- Matsushita BD SW-5582 (FW BZE6 has been tested)
- Matsushita BD SW-5583 (FW 1009)
- PIONEER BDR101A

CD/DVD-R Drives

- LG GMA-4020B
- Matsushita BD SW-5582
- Matsushita BD SW-5583 (FW 1009)
- Matsushita
DVD-RAM LF-D310
- Matsushita
DVD-RAM LF-D521
- Matsushita
DVD-RAM SW-9571
- Matsushita
DVD-RAM SW-9572
- Matsushita
DVD-RAM SW-9573
- Matsushita
DVD-RAM SW-9575
- Matsushita
DVD-RAM SW-9581
- Matsushita
DVD-RAM SW-9582
- Matsushita
DVD-RAM SW-9583
- Matsushita
DVD-RAM SW-9585
- _NEC
DVD_RW ND-1300A
- Optorite
DVD RW DD0201
- Philips
DVDRW228
- Pioneer BDR101A
- Pioneer
DVD-R DVD-R7322
- Pioneer
DVD-R DVD-R7783
- Pioneer
DVD-RW DVR-103
- Pioneer
DVD-RW DVR-104
- Pioneer
DVD-RW DVR-105
- Pioneer
DVD-RW DVR-106
- Pioneer
DVD-RW DVR-107
- Pioneer
DVD-RW DVR-K11
- Pioneer
DVD-RW DVR-K12
- Plextor PX-504A
- Plextor PX-708A
- Sony
DVD RW DRU-500A
- Sony
DVD RW DRU-510A
- Sony
DVD RW DW-U10A
- Sony
DVD RW DW-D22A
- Teac DV-W50E
- Teac DV-W5000E/S (FW 1.0A)
- Teac DV-W516E / GDM (FW M452)
- Teac DV-W58D

 

Tape Devices

Tape Loader

- BDT FlexStor II
- Dell PowerVault (TL2000, TL4000)
- IBM Tape Library (TS3100, TS3200)
- HP G2 1/8
- HP MSL G3 Series (MSL2024, MSL4048, MSL8096)
- pivotstor AP Series Tape Library (TL2000, TL4000, TL8000)
- Qualstar TLS-5000, TLS-6000, TLS-8000
- SUN StorageTek SL48 Tape Library
- Tandberg Storage Loader 2U LTO

Tape Single Drives

- HP StorageWorks Ultrium 1840 (LTO4)

StorageTek™ ACSLS

PoINT Archiver StorageTek™ ACSLS (Automated Cartridge System Library Software)をサポートします。SUN® LibAttach software version 1.4.2 がインストールされており、Windowsシステムで設定されている必要があります。PoINT Archiverは自動的にデフォルトサーバーとして設定されているACSLS serverを使用します。StorageTek™ ACSLS を使用するには、PoINT Archiverのインストール時に必要なサポートモジュールを選択して下さい。

サポートされているテープカートリッジは、LTO 2/3/4です。

.

License Information
Possession, use, duplication or dissemination of this documentation as well as the software described in this documentation is authorised only pursuant to a valid written license from PoINT Software & Systems GmbH or an authorised sublicensor.

Disclaimer
PoINT Software & Systems GmbH believes the Information included in this publication is accurate as of the date of publication, it is subject to change without notice. PoINT Software & Systems GmbH is not responsible for any inadvertent errors. PoINT Software & Systems GmbH makes no representations that the use of its products in the manner described in this document will not infringe on existing or future patent rights, nor do the descriptions contained in this document imply the granting of licenses to make, use, or sell equipment or software in accordance with the description.

Besides "PoINT Archiver" the production of a perfect Disc requires a well configured System environment with a working Recording Device and a flawless Medium. Therefore PoINT Software & Systems GmbH does not warrant in any case that a Disc recorded with the "PoINT Archiver" software is readable without errors. It is the obligation of the user of "PoINT Archiver" to ensure correct recording by proof reading techniques.