PoINT Storage Manager

Version 1.3

Copyright © PoINT Software & Systems GmbH 1994-2009. All rights reserved.

Supported Devices

Contents

·         Optical Jukeboxes

·         CD/DVD/BD and UDO Single Drives

·         HD/NAS Devices

o                      PoINT Jukebox Manager as Storage Device

o                      Plasmon Archive Appliance as Storage Device

o                      NetApp Filer as Storage Device

·         Tape Devices

·         CD/DVD/BD Autoloader Devices

o                      Driver Installation

o                      Notes for Primera Autoloaders

o                      Notes for TEAC Autoloaders

o                      Notes for Rimage Autoloaders

·         License Information / Disclaimer

Supported Devices

PoINT Storage Manager のこのバージョンはStorageVaultのターゲットデバイスとして以下をサポートしています。以下のリストに無い場合には、以下のWebページを参照するか、 www.point.de PoINT Software & Systems にコンタクトして下さい。(support@point.de)

Optical Jukeboxes

CD/DVD Jukeboxes

- ASACA AM250DVD, AM750DVD, AM1450DVD
- ASM CDR-xxx, Series 1000, DVD Series
- BDT QuikStor-72, QuikStor-162
- DISC NSM Mercury
- DISC NSM Satellite, NSM2000
- DISC NSM3000(U), NSM4000(U), NSM6000, NSM7000(U)
- GRUNDIG GMS-1035, GMS-2105, GMS-3280, GMS-3560
- JVC MC-1x00, MC-2x00, MC-7x00, MC-8x00
- KUBOTA BA-xxx
- KUBOTA DJ20/40 DX
- PIONEER DRM-1004X / DVD-1004V
- PIONEER DRM-5004
- PIONEER DRM-3000, DRM-7000
- PLASMON D-120, D-240, D-480
- PLASMON Enterprise D-875, D-1525, D-2175
- PowerFile C200, R200, R200DL (Requires device driver software)

BD Jukeboxes

- ASACA AM50BD, AM100BD, AM250BD, AM750BD, AM1450BD
- DISC 1000/3000/4000/7000
- DISC Blu-safe®
- JVC MC-8x00

CD/DVD/BD and UDO Single Drives

UDO Drives

- PLASMON UDO30E, UDO30I (FW A027, A028 have been tested)
- PLASMON UDO60E, UDO60I (FW T480 have been tested)

BD Drives

- Matsushita BD SW-5582 (FW BZE6 has been tested)
- Matsushita BD SW-5583 (FW 1009)
- Optiarc BD-RW BD-M100A
- Pioneer BDR101A
- Plextor BD-R PX-B900A
- Plextor BD-R PX-B920SA

CD/DVD-R Drives

- LG GMA-4020B
- Matsushita BD SW-5582 (FW BZE6 has been tested)
- Matsushita BD SW-5583 (FW 1009)
- Matsushita DVD-RAM LF-D310
- Matsushita DVD-RAM LF-D521
- Matsushita DVD-RAM SW-9571
- Matsushita DVD-RAM SW-9572
- Matsushita DVD-RAM SW-9573
- Matsushita DVD-RAM SW-9575
- Matsushita DVD-RAM SW-9581
- Matsushita DVD-RAM SW-9582
- Matsushita DVD-RAM SW-9583
- Matsushita DVD-RAM SW-9585
- _NEC DVD_RW ND-1300A
- Optorite DVD RW DD0201
- Philips DVDRW228
- Pioneer BDR101A
- Pioneer DVD-R DVD-R7322
- Pioneer DVD-R DVD-R7783
- Pioneer DVD-RW DVR-103
- Pioneer DVD-RW DVR-104
- Pioneer DVD-RW DVR-105
- Pioneer DVD-RW DVR-106
- Pioneer DVD-RW DVR-107
- Pioneer DVD-RW DVR-K11
- Pioneer DVD-RW DVR-K12
- Plextor BD-R PX-B900A
- Plextor BD-R PX-B920SA
- Plextor PX-504A
- Plextor PX-708A
- Sony DVD RW DRU-500A
- Sony DVD RW DRU-510A
- Sony DVD RW DW-U10A
- Sony DVD RW DW-D22A
- Teac DV-W50E
- Teac DV-W5000E/S (FW 1.0A)
- Teac DV-W516E / GDM (FW M452)
- Teac DV-W58D

HD/NAS Devices

HD/NASデバイスとしては以下がサポートされます。これらのデバイスを使用するには有効なLicense Keyが必要です。

Hard Disks
NTFS
でフォーマットされたパーティションでドライブレターでアクセス可能なもの。

NAS Devices
透過的なリードとライトの機能を提供するNASデバイスでUNCパス名でアクセスできるもの

PoINT Jukebox Manager
PoINT Jukebox Manager 5.0 SP4 (
又は、SP4以上) が管理しているボリュームセットは、HD/NASデバイスとしてサポートされます。詳細は以下の PoINT Jukebox Manager as NAS Device を参照して下さい。PoINT Jukebox Manager のサポートは、PoINT Archiver PoINT Jukebox Manager の双方のライセンスで使用が有効になっている必要があります。

Plasmon Archive Appliance
Plasmon Archive Appliance
で共有されているフォルダーをサポートしています。詳細は以下のPlasmon Archive Appliance as NAS Device を参照して下さい。Plasmon Archive Applianceを使用する場合には、PoINT Archiverのライセンスが必要です。

NetApp Filer

共有されているNetApp Filer のボリュームはHD/NAS ストレージデバイスとしてサポートされています。詳細は以下のNetApp Filer as Storage Device を参照して下さい。

Jukebox Manager as Storage Device

PoINT Jukebox Manager 5.0 SP4 (又は、SP4以上) が管理しているボリュームセットは、HD/NASデバイスとしてサポートされます。PoINT Jukebox Manager を使用するためには、ライセンスオプションの"Archiver Option"が有効になっている必要があります。さらに、PoINT Storage Managerのライセンスでは、PoINT Jukebox Manager がサポートされているデバイスとして有効になっている必要があります。


PoINT Jukebox Managerの設定

サーバー > 各種設定 > ファイルシステム:

Rewritable Mediaのライトアクセス: "Random access"
ライトワンスメディアのライトアクセス: "Random access"
仮想ファイルシステム: "Secure Mode"

新しくボリュームセットを作成し、ライトキャッシュ設定で"PoINT Archiver" を指定して下さい。ダイナミックイメージを使用する場合には、ダイナミックイメージの最大数を設定されたライトキャッシュのサイズに収まるようにして下さい。例として、ライトキャッシュのサイズが20GBで、ボリュームセットが4.7GBDVD-Rの場合はイメージの最大数を5に設定して下さい。これらの設定には、充分なHDの空き容量が必要となります。

ダイナミックイメージを使用する場合には、オプションの"データが記録されなかったら同期を開始.." 2分に設定することが推奨されます。

オプションの "残り容量の通知..." を有効にし、容量設定をPoINT Archiverで指定しているメディア容量の3倍に設定することが推奨されます。

オプションの "自動的にメディアを追加"を有効にします。

ボリュームセットに独自の共有設定を適用し、ユーザーのアカウントも制限して下さい。さらにこの共有名とユーザーを、PoINT Archiver HD/NASデバイスを追加する際に使用して下さい。デフォルトではユーザー制限が無い状態で、Zドライブが共有されていますので、デフォルト設定を削除して新しく共有設定をして下さい。

ライトキャッシュのサイズ
ライトキャッシュは最低でも、PoINT Archiverで指定しているメディアの2枚分は必要です。推奨されるサイズは、アーカイブのジョブサイクル実行中に作成される全てのイメージファイルを保存できるだけのサイズです。さらにダイナミックイメージを使用する際には、その最大数を前述のように設定することが必要です。

PoINT Storage Managerの設定

PoINT Storage ManagerHD/NASデバイスの設定画面で、"PoINT Jukebox Manager Volume Set" を指定し、作成してあるボリュームセットへのUNCパスを入力して下さい。

StorageVault
で使用するメディアの種類とボリュームセットで使用するメディアの種類は同じである必要はありません。例えば、StorageVaultではCD-Rを使用し、BD-Rで構成されているボリュームセットへマイグレートできます。

PoINT Storage Manager
が稼働しているPCのネットワークタイムアウトは最低でも3600秒に設定して下さい。この設定には、レジストリの値を変更することが必要ですが、詳細はPoINT Jukebox Manager ReadMe ファイルをご覧下さい。

Plasmon Archive Appliance as Storage Device

Plasmon Archive Appliance のボリュームセットはストレージデバイスとしても、レプリケートデバイスとしても使用可能です。PoINT Storage Manger のライセンスでは、Plasmon Archive Appliance の使用が許可されている必要があります。

Plasmon Archive Applianceの設定に関しては、Plasmonのドキュメントを参照して下さい。

PoINT Storage Manager はライトワンスモードだけでなく、リライタブルモードもサポートしています。これは、Archive Applianceの管理GUIで設定できます。

"Migration Policy" として、ライトキャッシュからメディアへの即時マイグレートの設定が推奨されます。PoINT Storage Managerはメディアへのマイグレートが終了するまで、ジョブサイクルを終了しません。

NetApp Filer as Storage Device

共有されているNetApp Filer のボリュームが、HD/NAS のターゲットデバイスとしてサポートされます。

PoINT ArchiverSnapLockをサポートします。新しくアーカイブを作成する際に、必要なリテンション期間を設定して下さい。SnapLockはアーカイブの全てのボリュームに適用されます。

NetApp FilerのボリュームはCIFSで共有されている必要があります。

Tape Devices

Tape Loader

- BDT FlexStor II
- IBM TS3100 and TS3200 Tape Library
- HP G2 1/8
- HP MSL G3 Series
- Qualstar TLS-5000, TLS-6000, TLS-8000
- SUN StorageTek SL48 Tape Library
- Tandberg Storage Loader 2U LTO

Tape Single Drives

- HP StorageWorks Ultrium 1840 (LTO4)

SUN StorageTek™ ACSLS

PoINT Storage Manager supports StorageTek™ ACSLS (Automated Cartridge System Library Software). The SUN® LibAttach software version 1.4.2 has to be installed and configured on the Windows system. PoINT Storage Manager automatically uses the ACSLS server which is configured as default server in LibAttach. To enable support for StorageTek™ ACSLS make sure the appropriate support modules have been selected during installation of PoINT Storage Manager.

Supported tape technologies are LTO 2/3/4.

CD/DVD/BD Autoloader Devices

This version of PoINT Storage Manager does not support CD/DVD/BD Autoloaders when running on a 64 bit operating system. Please contact your dealer for further information.
The following devices are supported on 32 bit operating systems:

- LSK Alpha Office One
- LSK Delta 3
- LSK Delta 5
- LSK Delta 7
- LSK Gamma 2
- LSK Gamma 4

- Primera Publisher II (tested with firmware: 1.25, 1.40)
- Primera Publisher Pro (tested with firmware: 1.16)
- Primera Publisher SE (tested with firmware: 1.23)
- Primera Publisher XR (tested with firmware: 2.07)
- Primera Publisher XR Blu (tested with firmware: 2.40)
- Primera Publisher XRP (tested with firmware: 4.05)

- Rimage 2000i (tested with printer 'Rimage 480i')
- Rimage Amigo II
- Rimage Autostar II
- Rimage 5100/5100N (tested with printer 'Everest-III')
- Rimage DL 5200
- Rimage DLN 5200
- Rimage Producer 7100 (tested with printer 'Everest-II')
- Rimage Producer 8100
- Rimage Protégé II (tested with printer 'Prism')

- TEAC Explorer 1 ("WP-55T") (up to 3 recorders, tested with firmware 1.46, 1.81)
- TEAC Polarstar ("WP-55B") with optional stacker WP-OP100 (1 recorder, tested with firmware 1.65)

Driver Installation

オートローダーをPoINT Storage Managerで使用できるようにするために、デバイスドライバーをインストールする必要があります。その際に必要なソフトウェア(通常は、プリンタードライバーのみ)だけをインストールするようにして下さい。デバイスのサポートソフトウェアをインストールすると、PoINT Storage Managerと共存できない場合があります。必要なドライバーだけをインストールするには、デバイスを接続し、Windowsのデバイスウイザードが起動された時点でドライバーのディスクを入れて、ウイザードの自動インストールに任せることを推奨します。

Notes for Primera Autoloaders

複数の同じオートローダーを接続する場合には、Primeraのサポート情報を参照して下さい。

Notes for TEAC Autoloaders

以下のプリンターモードがサポートされています。

  • - P-55B (FW 51.38 / FPGA 51.02 / Printer Driver 61.0.1152.1)
  • - P-55B (FW 52.00 / FPGA 51.03 / Driver 62.0.1.10)
  • - P-55C (FW 60.25 / FPGA 60.01 / Printer Driver 63.0.1.20 beta1)

メンテナンスモードを正しく動作させるためには、以下の条件が必要です。

  • - "Teac P-55 Disc Label Printer"以外のプリンターが存在しないこと。
  • - 内蔵レコーダーのドライブレターは、D:, E: Fに割り当てられていること。(ドライブ数で変わります。HD等はそれ以降のドライブレターを使用すること。メンテナンスモードからぬけるには、リアパネルの電源スイッチを切って下さい。

PoINT Archiverが稼働している間は、フロントのパワーボタンが押されるかどうかを検知します。押された場合には、システムのシャットダウンが要求され、オートローダーの動作が完了した時点で該当するメッセージがフロントパネルに表示されます。その後に、PoINT Archiver が終了し、システムがシャットダウンされます。

Please note:
OS の再起動機能は動作しません。(i.e. shutdown + restart) ハードウェアは無条件で5分後にパワーオフします。

Notes for Rimage Autoloaders

PoINT Storage Manager はオートローダーをコントロールするためにRimage Software Suiteのサービスを使用しています。このバージョンのPoINT Storage Managerは、OfficeNET Software Suite 8.0 8.1をサポートしています。以下のBuildでテストされています。

  • - OfficeNET Software Suite 8.0: 8.0.71.0
  • - OfficeNET Software Suite 8.1: 8.1.10.0

Rimageのサーバーソフトウェアはオートローダーが接続されているサーバーにインストールする必要があります。PoINT Storage Managerは必ずそのサーバーにインストールしなければならないということはありませんが、Windowsのネットワークで接続されているサーバーでなければなりません。

Rimageのオートローダーを使用する場合は以下の手順に従って下さい。この内容は、マニュアルの内容とは、一部異なっています。

Configuring a Rimage Autoloader
セットアップ画面をオープンします。PoINT Storage Manager > Devices > Add/Remove Devices さらに、Remote Autoloader...をクリックして下さい。
S
サーバーとポートを指定して、再接続を行います。これで表示されたリストから、オートローダーを選択して、追加をクリックして下さい。画面をクローズし、マニュアルの通りにデバイスの設定を行って下さい。

Configuring Bins
Bin
とメディアタイプの変更は、Rimageのソフトウェアを使用して下さい。変更後は、PoINT Storage Managerでデバイスを一旦非アクティブにし、再度アクティブにして下さい。デバイスは、Rimageのソフトウェアで、FIFO modeを使用するように設定されている必要があります。

Handling 'Bin Empty' Conditions
bin
が空になった場合、Rimageのサーバーが警告メッセージの"An alert from a remote server is pending".が表示されることがあります。新しいメディアを追加した後にこのメッセージに応答して下さい。

License Information
Possession, use, duplication or dissemination of this documentation as well as the software described in this documentation is authorised only pursuant to a valid written license from PoINT Software & Systems GmbH or an authorised sublicensor.

Disclaimer
PoINT Software & Systems GmbH believes the Information included in this publication is accurate as of the date of publication, it is subject to change without notice. PoINT Software & Systems GmbH is not responsible for any inadvertent errors. PoINT Software & Systems GmbH makes no representations that the use of its products in the manner described in this document will not infringe on existing or future patent rights, nor do the descriptions contained in this document imply the granting of licenses to make, use, or sell equipment or software in accordance with the description.

A functioning storage workflow requires a well configured system environment with devices working free of faults and, if applicable, flawless storage media. Therefore it is of the essence that the user does backup all data by functions offered by PoINT software and/or (if required) by supplementary software products at adequate intervals (i.e. in accordance with the scope and frequency of changes), and thereby to facilitate the reinstatement of these data even in exceptional situations (i.e. in case of hardware malfunction).